1. シアリス通販に救われた!   >  
  2. 副作用の理解は必要

副作用の理解は必要

吹き出しの中の男性のイラスト

シアリスの有効成分である、タダラフィルが男性器への血流を増加させる働きをしてくれます。
さらにその作用は、服用後36時間程度は継続されることも分かっているのです。

しかしその反面、副作用もあらわれる可能性はあります。作用として血管を拡張したうえで、PDE5という酵素の活動を阻害することで勃起を促すので偏頭痛やほてりなどの副作用の症状が報告されているのです。

ほかにも鼻づまりや鼻水、めまい、まぶたや目の痛みなどの症状を引き起こす可能性もあります。

これらの症状は薬の作用が弱くなってくるとともに、自然に治ることがほとんどです。
ただ勃起状態が4時間以上続いて辛い、というようなことがあれば持続勃起症という重い副作用があらわれていることも考えられるので、すぐに病院を受診することようにしましょう。

シアリスには勃起をしやすくするために、血管の拡張作用などから血流を増加させる効果があります。
このことから、心臓や血管に疾患がある人や関連のある薬を服用中の方はシアリスを含むED治療薬の服用を控えてください。

それでもEDの治療をしたいという場合には、事前に医師へ相談することをおすすめします。

また用法や用量は必ず守るようにしましょう。過剰服用は重い副作用を引き起こすだけで、効果を高めることはできません。

シアリスは1日最大20mgまでの服用に限り、以降は必ず24時間の間隔を空ける必要があります。
初めてシアリスを服用する方や、しばらく飲んでいなくて再開するという場合には、20mgを半分にカットしてから服用することがおすすめです。

少量から始めることで、副作用の症状を比較的抑えることにもつながります。便利に使えるシアリスでも、副作用を理解した上で飲むことが大切です。